玄関・アプローチ

駐車場・エントランスのバリアフリー。手すり・スロープの設置で転倒防止

高齢者は身体機能や注意力が低下してきます。

敷居につまづいて転んだり、階段から落ちたりという事故が住宅内で起こりがちです。
住宅内の事故というのは意識しやすいです。

しかし、住宅の外の設備にはなかなか気が回りにくいのが現状です。

玄関、アプローチなどは身体状況の衰えによって移動が億劫になってきます。
しかし、通院や介護などによって利用する機会が減ることはないでしょう。

そのため、移動に伴う危険をあらかじめ取り除くことが必要となります。
それがバリアフリーの定義となります。

バリアフリーには補助具を用いたり工夫することによって、自力で生活できる範囲が広がります。
介護が必要な場合であっても、介助の手を楽にすることができます。

 

駐車場

車を置いている駐車場は、玄関から車までの移動中に濡れないように屋根を連続するように設置すると便利です。
特にバリアフリーとして設置する場合には、移動スピードが遅くなります。
そのため、移動に時間がかかることから、雨に濡れる時間が長くなることに繋がります。

駐車場のスペースは、車いすを使用するかどうかによって大きく異なります。

車いすを使用する場合には、乗降スペースを設けるために広めにします。
将来的に車いすを使用することを考えて、あらかじめ広めに取っておくのをおすすめします。
スペースに関しては、住宅状況が大きく左右されるので、あくまで余裕がある場合になります。

防犯・災害への配慮

車いすを使用することになっても防犯や災害への配慮ができるのがベストです。

敷地のスペースに余裕があるのであれば、建物のメンテナンスや避難のためにも、建物を一周できるようにスペースを確保しましょう。

防犯や停電時の対応のためにも、外灯の設置をおすすめします。
停電時にも対応できるようにソーラー充電式の外灯もありますので、併用することによって安全性と明るさを両立することが可能となります。

 

床仕上げ材

床は雨にぬれても滑りにくいものを選びます。
つまづきを防ぐためにも突起がないように注意をします。

また、目地幅は狭く平坦にすることで歩きやすく、車いすを利用しやすいようにしましょう。

 

排水溝(グレーチング)

ここも段差ができないように注意しましょう。
段差があると、車いすのキャスターや杖の先端がはまり込む危険があります。

また、雨のときには滑りやすくなるので、滑りにくい素材を選びます。

目は細めのものを選択し、ピッチは1.5cm以下のものが望ましいでしょう。
さらに横溝タイプのものを選びます。

横溝にするのは、車いすのキャスターがはまり込むのを防ぐためです。

敷地と建物との高低差

道路から玄関までは、高低差が生じます。
これは、どのような住宅にも構造上高低差が発生します。

そのため、ゆるやかなスロープにするか階段にするか現地調査で本人確認のもと計画しましょう。

敷地に余裕があれば、後々車いすを使用する可能性を含めてスロープにするのがオススメです。

スロープ

スロープの勾配は緩やかに設計しましょう。

短い距離であれば、1/12以下の勾配でも問題ありません。
(自力での車いすの昇降が可能な勾配は1/15以下です)

スロープの勾配は、距離が長いほど緩やかにする必要があります。
また、スロープの両側には縁石を設け、落下防止対策を行います。

あわせて読みたい
アプローチのバリアフリーリフォーム費用。段差無く車いすも安心なスロープ。高齢者の増える日本社会では、あらかじめ自分の老後に備える必要があります。 自分自身の足腰が弱ってきたり 両親の足の悪かったり ...

屋外階段/エントランス

屋外に階段を設ける場合にも、勾配は緩やかに設計しましょう。
階段の幅は出来得る限り広く設計し、幅は90cm以上にします。

また、段差を見やすくするために工夫が必要です。
段差の先端(段鼻)の色や素材を変えましょう。
滑り止めにもなるため、段鼻の素材を変える方法は有効な手段となります。

また、塀や生け垣がある場合には、低めに設計を行いましょう。
これは、安全確認を行いやすくするためです。

もしもの事故が発生した場合であっても、塀や生け垣が低ければ外からでも確認がしやすくなります。

手すり

手すりの設置は、できれば階段の両脇に付けましょう。

片側だけの設置であれば、降りるときの利き腕側や健康な腕が触れる側に設置します。

手すりの高さは、体格などの身長、身体状況によって適正な高さが変わります。
個人差があるため、現地調査時に本人に確認を取って、高さを決めるようにしてください。

手すりの素材に関しても、屋外に設置することになるので、汚れにくい素材を選ぶようにしてください。

また、触っても冷たく感じにくい・熱く感じにくい素材にしましょう。
例えば金属製の手すりであったとすれば、冬場は触ることができないほど冷たくなります。
夏場は火傷するほどの熱を帯びることになります。

樹脂製の手すりであれば、温度変化に強くなります。
手すりの素材選びは夏場・冬場に設置するのであれば、温度に対して敏感になりますが、そうでなければ忘れられやすい項目となります。

手すりの径は、2.8~3.5cmくらいにします。
この径であれば、力を入れて握りやすくなっているので、歩行の補助となりやすくなります。

あわせて読みたい
歩きやすく立ちやすい手すり-4種類の紹介と取り付け設置時の注意点-手すりといっても、意外に様々な種類があります。 バリアフリーが進んでいる病院などで観察してみると、多くの種類を見かけることができます。...
あわせて読みたい
リフォームの手すり設置の失敗事例5例-動作確認が重要となる現地調査-バリアフリーリフォームで事例が多く、すべての基本となるのが手すり設置です。 今回の記事では手すり設置の失敗事例を集めてみました。 ...

照明

照明はスイッチ式ではなく、人感センサー付きの門灯や玄関灯を設置しましょう。

また、階段やスロープには足元灯を設置することによって、安全性を向上させることができます。

 

リフォーム一括比較サイト「タウンライフリフォーム」
あなたオリジナルのリフォームプラン・お見積もりを全て無料で作成できます。

インターネットで3分で登録できます。
簡単かつ無料でアイデア&アドバイスを得ることができますよ。

 

あわせて読みたい
アプローチのバリアフリーリフォーム費用。段差無く車いすも安心なスロープ。高齢者の増える日本社会では、あらかじめ自分の老後に備える必要があります。 自分自身の足腰が弱ってきたり 両親の足の悪かったり ...
あわせて読みたい
歩きやすく立ちやすい手すり-4種類の紹介と取り付け設置時の注意点-手すりといっても、意外に様々な種類があります。 バリアフリーが進んでいる病院などで観察してみると、多くの種類を見かけることができます。...
あわせて読みたい
リフォームの手すり設置の失敗事例5例-動作確認が重要となる現地調査-バリアフリーリフォームで事例が多く、すべての基本となるのが手すり設置です。 今回の記事では手すり設置の失敗事例を集めてみました。 ...